CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Amazon Bargains
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
12球団ファンクラブ評論家の快挙
長谷川晶一プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた!』(集英社,2014/05)

どのチームのファンが、いちばん幸せなのか?[帯] 子供のころはいつもまわりには野球があった。パパとキャッチボール、公園で三角ベース、夏休みはテレビで甲子園、ナイター中継はなんで巨人戦ばかりなのかといっぱしの口をきいてみたり。中日ドラゴンズが好きだったのだけれど、それは素直に巨人ファンを名乗るのがカッコワルイ気がして、かといって阪神という選択も安易な気がして、ひとひねりひねくれて中日ファンに至ったような気もする。男子たるものひいきのチームと好きな選手のひとりも語れねばいけない時代だったんだよ。そんなふうに野球があたりまえに偏在していたしあわせな日本がかつてあった。そして、日本のスポーツもエンタテインメントも質量ともに拡大していくなかで、野球の存在感は相対的に小さくなっていき、ふだんはほとんど気にとめることもなくなってしまったのであります。まあ、プロ野球だけでなく、甲子園もJリーグも大相撲もマラソン中継もウィンブルドンもたいていのスポーツをテレビで積極的に観戦することがなくなり、そのときにたまたまやっていれば視る程度のひとになって久しいのですが。 でも、いや、だからこそかもしれないが、この「12球団ファンクラブ評論家[特許庁出願中]」がプロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた(タイトルのままだ)「愛と笑いの球界興亡クロニクル[サブタイトル]」はとてもおもしろかった。12球団12色であり、10年の歳月が過ぎるなかで東日本大震災もあり、絶賛だったり憎めなかったり、ファンとともにあるプロスポーツのしあわせがここにあります。どこかのファンクラブに入って、もらったレプリカユニフォームをきて地元の球場に通いたくなりました。
|読む|comments(0)|trackbacks(0)|2014/07/25 Fri.|
ある愛の形
K.Kajunsky作/ichida漫画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(PHP研究所,2011/07)

Yahoo!知恵袋の伝説の質問がまさかのコミック化!![帯] それぞれの家庭にそれぞれの愛の形があるわけだが、サラリーマンの夫が家に帰ると妻が死んだふりをしているというシチュエーションに驚き、和み、ほのぼのと痺れる。そんな愛の物語が、Yahoo!知恵袋ニコニコ動画ブログを経て、漫画化されるというところに、今の時代ならではのしあわせな気分がある。
|読む|comments(0)|trackbacks(0)|2014/04/29 Tue.|
旅に覚醒したをんな
真鍋かをり世界をひとりで歩いてみた』(祥伝社,2013/12)

スマホ片手にノープラン「英語も苦手、地図が読めない」私がガチで行ってきました![帯] ひとは、それまでなんの興味なかった分野に突然目覚めるということがある。それは本人にとっては世の中にこんなおもしろいことがあったんだという大発見であり、ついにはその感動を本にまとめたりする。たとえば、自炊にはまった目黒孝二『笹塚日記』、独特の園芸道を歩むいとうせいこう『ボタニカル・ライフ』、60代後半になって自転車に乗り始めた伊藤礼『こぐこぐ自転車』などが浮かぶ。
副題に「女30にして旅に目覚める」とある本書も、その系譜に連なる。18歳からグラビアアイドル、マルチタレント、ブログの女王として活躍してきた真鍋かをりが30を前にして人生をリセットしようと、事務所を辞め、すべての仕事をストップし、旅にでる。慣れない海外でスイスイ動くには絶対スマホが必要になるだろうとiPhoneを購入したというあたりがいかにも今である。そのへんが読みどころの「バックパッカーでもセレブ旅行でもない、今の自分だからこそできる「等身大の旅」[pp.87-88]」の記録でした。世界は遠いようで近く、そして広い。
|読む|comments(0)|trackbacks(0)|2014/04/28 Mon.|
家に憑くもの
主婦の友社編『親の家を片づける実践ハンドブック』(主婦の友社,2014/02)

懸命に「親家片」に立ち向かった体験者たちが語る[帯]
離れて暮らしていた親が高齢でひとり暮らしができなくなり、自宅で同居することになった、介護施設に入ることになった、亡くなって家を処分することになったなどの理由で、ある日突然、膨大な親の荷物を整理し処分するという「難題」が降りかかってくる。[はじめに,p.3]
その「難題」を体験した67人の「気迫のこもった魂の声が1章から6章までぎっしり詰」めこまれた現代怪談集。「母が廊下にものを積み上げていたために窓が開けられず、熱中症に[p.49]」とか「認知症になってしまった母のしまい忘れだと思いますが、1万円札や千円札もあらゆるところから出てきて、総額20万円[p.64]」など深々と恐ろしいよ。数十年にわたってひとが過ごした家には物の怪が憑いてくるのです。
|読む|comments(0)|trackbacks(0)|2014/04/25 Fri.|
おらも、「あまちゃん」が大好きだ
あまちゃんファンブック―おら、「あまちゃん」が大好きだ!』(扶桑社,2013/08)
あまちゃんファンブック2―おら、やっぱり「あまちゃん」が大好きだ!』(扶桑社,2013/11)

ありがとう!あまちゃん[表紙] みんなの「あまちゃん愛」が一冊に![表紙] あの愛おしくてたまらない『あまちゃん』(NHK,2013/04-2014/09)をみんなで愉しむファンブック。ネットの『あまちゃん』フォロワーズの双璧、青木俊直のわくわくする勢いのある「あま絵」と木俣冬のなんでも拾ってみせる構えの「おさらい『あまちゃん』」を再録をメインに、みんななにか言いたかったり描きたかったりそれぞれで、ミズタク推しに勉さん推し、美保純もいいんだよ。80年代から今に至るまでのアイドルを語り、音楽論もあれば、ロケ地巡りから小ネタ解説までぎっしりと詰まったしあわせな2冊。
編集:大久保かおり(扶桑社)
|読む|comments(0)|trackbacks(0)|2014/04/13 Sun.|
Rより出でてRより青し
石田基広Rで学ぶデータ・プログラミング入門』(共立出版,2012/10)

RStudioを活用する[副題] Sでデータをあれこれ捏ねくりまわしていたのはもう十ン年前のことだがそれはそれは楽しいものでした。そのSと同じようなことができるフリーソフトウェアとして登場したのがR。IBM→HALの故事に倣った、S→Rというネーミングが好きでした。とはいえ、当時のR環境はまだまだ貧弱なものだったのだけど、いつの間にかこんなわかりやすい本が出るくらい世の中に膾炙しているとは。不勉強にしてまったく知りませんでした。巻末には〈Rで学ぶデータサイエンス〉全20巻の広告が載っていましたですよ。そういうステキな時代がいつの間にか到来していました。よし、落ち着いたらRStudioをインストールしよう。て、いつになるやら。
|読む|comments(0)|trackbacks(0)|2014/03/21 Fri.|
伝道の書を収める本棚
(TT)戸田プロダクション『清く正しい本棚の作り方』(スタジオタッククリエイティブ,2009/11)

家具屋の本棚はロクなものではない![帯] 「真に理想的な本棚」の「自作」を伝道するウェブサイトの書籍化。合理的で実用的で情熱的なすばらしい内容。いまはちょっと手をつけられないけれど、いつか必ず私も作るよ。
|読む|comments(0)|trackbacks(0)|2014/02/19 Wed.|
アラフォーじゃない男子の納得
常見陽平/おおたとしまさ編著『アラフォー男子の憂鬱』(日本経済新聞社,2013/12)

団塊ジュニアかつロスジェネの4人が、世代の過去と未来を語る。[帯]
    収録内容
      はじめに/常見陽平
    • 第1章 僕たちはなぜガンダムが好きなのか/速水健朗(1973生)
    • 第2章 バンドブームと僕たちのキャリア/常見陽平(1974生)
    • 第3章 アラフォー世代は「後追いブーム」世代である―アラフォー男子の憂鬱な座談会Part1
    • 第4章 デジタルネイティブの憂鬱/赤木智弘(1975生)
    • 第5章 初代「ゆとり世代」としてのアラフォー/おおたとしまさ(1973生)
    • 第6章 社会の実験台であり続けた、端境期の僕たち―アラフォー男子の憂鬱な座談会Part2
      おわりに/おおたとしまさ

必ずしもアラフォー男子に固有なものでもないだろうけれど、Jポップやガンダムを典型例として「2度も3度もくり返しくり返し同じものを消費させられ続けている[p.43]」層を発見した速水健朗の論考が抜群におもしろい。座談会でも「ドリカムは、車でデートするような地方の感覚なんですよ[p.98]」「ブルーハーツがメジャーになれたのは、パンクなのに現状肯定をしたからってことなんだろうね[p.103]」「もう広く浅くすくうっているマーケティング戦略が成り立たないんですよね。とれるところから徹底してとるという戦略になっている[p.228]」など鋭いコメント多数。
|読む|comments(0)|trackbacks(0)|2014/02/17 Mon.|
タモリ話
樋口毅宏タモリ論』(新潮社・新書,2013/07)

異能の小説家が、サングラスの奥に隠された狂気と神髄に迫る、革命的芸人論[帯]
    収録内容
      はじめに
    • 第1章 僕のタモリブレイク
    • 第2章 わが追憶の「笑っていいとも!」
    • 第3章 偉大なる“盗人”ビートたけし
    • 第4章 明石家さんまこそ真の「絶望大王」である
    • 第5章 聖地巡礼
    • 第6章 フジテレビの落日、「いいとも!」の終焉
      おわりに

タモリを「絶望大王」と看破したのが見事。しかし、みられることを仕事とする者は多かれ少なかれ絶望というか、自分を突き放し、自分に醒めているのではないのだろうか。みられる自分の志向とみる客の志向が一致するしあわせな、あるいは脳天気な者なんているのかな。いるとすれば、それはもう一種の宗教家では。しかし、そう言われてみると「四半世紀、お昼の生放送の司会を務めて気が狂わない[p.9]」ほどにその絶望は深そうだ。それに対して、たけしは師匠の深見千三郎をはじめ敬愛する者にインスパイアされ、マネしてきた存在であるという。なるほど、たけしにはワガママにみえるダイナミズムがある。そして、さんまは、弟を火事で亡くした「リアル絶望大王」なのだという。みられることを仕事とする者のリアルを追求することはまた別の話のはずだが、でもその語り口についつい引き込まれて頷いてしまう。「論」というほど論理的ではないが、その「話」はおもしろい。
|読む|comments(0)|trackbacks(0)|2014/01/13 Mon.|
話が通じる二人
三谷幸喜/松野大介『三谷幸喜 創作を語る』(講談社,2013/11)

「新しいこと」「おもしろいこと」ばかり考える希代のクリエーターの頭の中身/『古畑任三郎』から最新作『清須会議』まで制作の舞台裏を語る[帯]
    収録内容
      はじめに/三谷幸喜
      もうひとつの「はじめに」/松野大介
    1. やっぱり猫が好き(1988-1990年)
    2. 振り返れば奴がいる(1993年)
    3. 12人の優しい日本人(1990年)
    4. 古畑任三郎シリーズ(1994-2006年)
    5. 王様のレストラン(1995年)
    6. 総理と呼ばないで(1997年)
    7. 今夜、宇宙の片隅で(1998年)
    8. 合い言葉は勇気(2000年)
    9. ラヂオの時間(1997年)
    10. みんなのいえ(2001年)
    11. HR(2002-2003年)
    12. 新選組!(2004年)
    13. 2000年代からの芝居について
    14. わが家の歴史(2010年)
    15. THE 有頂天ホテル(2006年)
    16. ザ・マジックアワー(2008年)
    17. ステキな金縛り(2011年)
    18. 新・三銃士(2009-2010年)&其礼成心中(2012年)
    19. 清須会議(2013年)
    20. 大空港2013(2013年)
      おわりに/松野大介

振り返らないタイプの三谷幸喜が、リラックスして話せる松野大介をインタビュアーに得て16年ぶりに自作を振り返る。マイ・フェバリット三谷幸喜は『王様のレストラン』なのだけれど「今振り返れば、あんな風に楽しく思えたのは『王様のレストラン』だけでした(笑)[p.83]」というしあわせな作品だったらしい。それはよかった。続く『竜馬におまかせ!』(NTV,1996)については「スタッフを悪く言いたくないんですけど[p.85]」と触れたくないらしい。当時、あらすじのおもしろさと粗雑な仕上がりのギャップが不思議だったのだけれど、そういうことがあったのかと三谷贔屓としては納得。創作法について語る際に、しばしば理数系と自称するのが興味深い。
|読む|comments(0)|trackbacks(0)|2014/01/12 Sun.|
| 1/18PAGES | >>