CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Amazon Bargains
MOBILE
qrcode
<< 薬用せっけんの鏡 | main | 時間はだれもかまってくれない >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
路傍の爺
ロボジー』監督/脚本:矢口史靖,フジテレビジョン/東宝/電通/アルタミラピクチャーズ,2012(ワーナー・マイカル・シネマズ板橋#12)

ロボジー ORIGINAL SOUNDTRACKワンマン社長の思いつきで二足歩行ロボット半年で作りあげることになった木村電器。開発メンバーに指名されたへっぽこトリオにそんな技術力があるはずもなく、それでもなんとかカタチになりそうだったロボット〈ニュー潮風〉がついうっかり御披露目1週間前に大破。切羽詰まった揚句、ロボット筐体のなかに人間を連れてきてごまかすことに。というわけで、偽オーディションで選ばれたのがとぼけた爺さんだった。 お調子者で勝手気ままだけれど憎めないところもある爺さんを五十嵐信次郎ことミッキー・カーチスが飄々と演じて絶妙。さすがロカビリー3人男はダテじゃない。対するトリオはチビ・デブ・ノッポと揃えてきたが頼りなさ加減は尋常ではない。なかでも情けないながらも毒舌悪乗りもきちんとできるデブ、川合正悟ことチャンカワイが好演。偽ロボットであることはばれず〈ニュー潮風〉は世間で大ウケ、ヘッポコトリオはロボット開発者として大学生相手の講演をするまでに。マニアたちの鋭い質問に往生するがそのピンチを逆にチャンスにして乗り切っていく姿はなんだか凛々しくみえる―ことはなかったが、物語はいかなるカタストロフィを迎えるのかもうドキドキですよ。
そして、ヒロインのロボット好き好き女子大生吉高由里子がとってもキュート。ロボットに助けられ心奪われた純情乙女から憤怒に燃える過激な復讐の女神と化すまでくるくると変わる表情がなんともたのしい。ドラマ『あしたの、喜多善男』(KTV,2008)などでみせた年上の男を好きにもてあそぶ小娘というイメージがあって苦手意識をもっていたのだが、この愛らしい吉高由里子が好きです。
|観る|comments(0)|trackbacks(0)|2012/02/04 Sat.|
スポンサーサイト
|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://igarashi.jugem.cc/trackback/1017
トラックバック