CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Amazon Bargains
MOBILE
qrcode
<< 辞書編集という冒険 | main | めしに逃げる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
2号発進
BH PRISMA 2012モデル

G5テクノロジーを搭載した妥協なきエントリーバイク[〈CYCLE SPORTS〉2011/09]1号ことFELT QX65を手に入れてからはや4年。雨の日や飲む日やその気になれない日以外は毎日漕いできた。都内の移動はもちろん早春のヒルクライムも灼熱のロングライドも苛酷なグランフォンドもこれ1台でこなしてきたけれど、やっぱりその限界を超えたくて、ついにロードバイクの調達を決意。機種選定の日々が悩ましくも楽しくて2012年に入手するからには2012年登場の電動アルテグラ……は、ちと敷居が高いので2012年に10速化を果たしたティアグラでフルカーボンというヤツに挑戦してみようではないの。スペイン屈指のバイクブランドBHの都内に5店しかない正規ディーラー、いつも頼りにしているイレブンサイクルと相談した結果、BHの「G5テクノロジーを搭載したエントリーカーボンロングライドモデル」PRISMAに決めました。ええ、もちろんG5テクノロジーがなにかは理解していませんがいいんです。あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ。それより大切なのは色です。1号が銀色だったので、2号のロードバイクは当然緑です。ペイロードはたいしてありませんが、緑だから2号です。それが国際救助隊に憧れて育った者の常識です。ペダルは「アルテグラグレードで歴代最軽量のSPDペダル」PD-A600をチョイス。車体に合わせてグリーンのシフトケーブルをあしらうなどイレブンサイクルの丁寧な仕事がされて素敵な仕上がり。
さっそく荒川サイクリングロードから都心へ走ってみました。ドロップハンドルはどこを握っていいのかまだ落ち着かないけれど、1号とあまり変わらない姿勢で乗ってリラックス。それほどスピードが出そうな感じがしないのに、直線で踏み込むとおいしい日本酒のように喉越しよくスルスルと加速。それがカーボンの力なのか。それがG5テクノロジーの神髄なのだ、きっと。行け、風巻いて。
|使う|comments(0)|trackbacks(0)|2012/02/19 Sun.|
スポンサーサイト
|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://igarashi.jugem.cc/trackback/1021
トラックバック