CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Amazon Bargains
MOBILE
qrcode
<< 情報が震える | main | 環島にあこがれて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
一之輔バブルのいい香り
第十五回大手町落語会「晩秋、林家の香り」(日経ホール,1400-)

CD『春風亭一之輔真打昇進記念』
    演目
    • 春風亭ぴっかり「こうもり」
    • 春風亭一之輔「唖の釣り」
    • 春風亭一朝「天災」
      仲入り
    • 橘家圓太郎「化物使い」
    • 柳家権太楼「くしゃみ講釈」

今春21人抜きで真打となった一之輔にはやはり力がある。最近の落語ブームについて、ネタ出しをすると若いファンが「甘納豆のくだり楽しみにしてます」と予習してきたり、元落研の団塊世代がリタイアして暇になったものだから稽古をつけてくれとくると「今日はひとつ志ん生の百川で」とか言ってくると苦言を呈する枕は、それは落語ファンの間だけのことじゃないよなとわかるおかしさがある。しかも、落語というのは話芸にすぎないということはなく、動きでみせる部分があると挑戦的に演じてみせたのが唖の噺。目が離せないおかしさでした。抜群。一之輔の師匠一朝は一門で一之輔バブルで沸いているというマクラから江戸前の噺ぶり。権太楼は、左膝半月板損傷による入院から前日退院したばかりで正座ができず見台を使用。復帰第一戦とは思えないいつものパワーで爆笑を呼び込むのでした。
|観る|comments(0)|trackbacks(1)|2012/10/27 Sat.|
スポンサーサイト
|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://igarashi.jugem.cc/trackback/1083
トラックバック
外は冷たい雨、内は爆笑
第十六回大手町落語会「恒例!師走~落・芸会~」(日経ホール,1400-) 演目 柳家小太郎「鷺とり」 昔昔亭桃太郎「春雨宿」 柳家権太楼「二番煎じ」 仲入り 瀧川鯉昇「千早振る」 柳家さん喬「幾代餅」 桃太郎がマクラで日本は差別社会だと構えて
| 更・ぅれしぃがらし日記 | 2012/12/24 12:04 PM |