CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Amazon Bargains
MOBILE
qrcode
<< 殊能将之逝去 | main | 日本SF作家クラブ、最初の10年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
感動と完走くらい違う
中村博行練習ゼロで完走できる非常識フルマラソン術』(光文社,2009/08)

日本テレビ24時間マラソンプロデューサーが体得した驚異の走法![帯] 日本テレビ24時間マラソンプロデューサーが説くフルマラソン完走術。ポイントは早く走るのを目指すのではなく、完走を目指すこと。そのためには体力・筋力をとにかく使わない省エネを心がけ、ウェアやサプリメントなどモノにおおいに頼ろうではないかと主張する本書を、ハーフマラソン初参戦前日に入手し、会場までの車中でナナメ読み。全面的に従う必要も余裕もないけれど参考になりそうな技が多く紹介されていて興味深い。さすがにその車中でモノを用意するのは無理だけれど、コース取りは最短ルートでとか上り坂は歩くなどの省エネ技を心に強く刻む。
練習はほとんどしていないというか2週間前に10kmちょっと走ってみただけなので今回の目標はともかく完走。21.0975kmを制限時間3時間以内で走るために、8分/kmのペースを保てばよいわけだ。スタート直後は煽られて最初の2kmが5:40-5:50。これはマズイ。徐々に6:20、6:40、7:10と落としていきどうも7分/kmなら最後までいけそうだと見極めてペースを維持。残り5kmとなってからすこしずつスピードアップ。完走したうえに、2:15:39と思いがけず好記録。これはうれしい。省エネ様のおかげです。次の機会があれば、本書おすすめのCW-X REVOLUTION柔流ボルダースポーツは用意するつもり。
|読む|comments(0)|trackbacks(0)|2013/04/14 Sun.|
スポンサーサイト
|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://igarashi.jugem.cc/trackback/1108
トラックバック