CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Amazon Bargains
MOBILE
qrcode
<< あの頃、サンリオSF文庫を追いかけた | main | 怪獣怪談 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
瓢箪からくまもん
熊本県庁チームくまモン『くまモンの秘密』(幻冬舎・新書,2013/03)

ゆるキャラから売るキャラへ/商品売上げ、293億円以上[帯] 話題のゆるキャラをとりあげて「地方公務員集団が起こしたサプライズ[副題]」を描くビジネス書であり、地方公務員礼賛であり、くまモンのファンブックであり、小山薫堂信者の告白です。『プロジェクトX』的成功譚としてわくわくする楽しさがある。しかし、そんなバクチにホイホイ血税がつぎ込まれるわけもなく、そのバックには小山薫堂だけでなく博報堂もちゃんと控えていたという。それでいいのです。闇雲でなく周到な準備があったうえで、それでも日々発生する想定外に対峙していく「しがない地方公務員集団くまモンとおもろい仲間たち[p.15]」の姿は美化されているのだろうけれどカッコいい。
本書刊行のきっかけが、チームの一員だった成尾雅貴による自家製本『もしくま―もし、しがない地方公務員集団「くまモンとおもろい仲間たち」が小山薫堂氏の「もったいない主義」他を読んだら』にあった由。これも一種の手作り「ジン」だよね。
|読む|comments(0)|trackbacks(0)|2013/09/23 Mon.|
スポンサーサイト
|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://igarashi.jugem.cc/trackback/1135
トラックバック