CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Amazon Bargains
MOBILE
qrcode
<< ある自転車脳 | main | とっぴんぱらりのすってんころりん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
会議は終る
清須会議』原作/脚本/監督:三谷幸喜,フジテレビ/東宝,2013(ユナイテッド・シネマとしまえん#3)

『清須会議』オリジナル・サウンドトラック
三谷が初めて挑む歴史もの。織田信長亡き後、織田家の跡継ぎ問題と領地配分を議題に、日本史上初めて"会議の席上で歴史が動いた"と言われる【清須会議】をテーマに、日本映画界を代表する総勢26名の豪華絢爛なキャスト人を迎え、その時代を必死にそして懸命に生きた人々の可笑しくも愛おしい姿を描く群像劇[INTRODUCTION]
原作を読むまでまったく知らなかった会議を舞台にしているが、それはもう羽柴秀吉とか柴田勝家とかおなじみのひとが出てくる展開だから、背景も人物もくだくだしい説明はなく話が早い。イケシャーシャーとした秀吉(大泉洋)、純情で鈍感な勝家(役所広司)、ザ・バカ殿の織田信雄(妻夫木聡)、渋く演じて渋く笑いをとる黒田官兵衛(寺島進)など、それぞれのキャラクターがしみじみとおかしい。なかでも、これまでクール・ビューティの印象が強かった中谷美紀が土臭く快活に演じる寧が抜群によろしい。最後、会議が終わってそれぞれの国に帰っていく面々。史実に基づいているからこの後の展開はご存知のとおりであり、清須の青空がいやに眩しかった。
|観る|comments(0)|trackbacks(0)|2013/11/16 Sat.|
スポンサーサイト
|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://igarashi.jugem.cc/trackback/1145
トラックバック