CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Amazon Bargains
MOBILE
qrcode
<< Rより出でてRより青し | main | 杉村三郎の呆然 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
代書屋の恋
松崎有理代書屋ミクラ』(光文社,2013/09)

依頼人たちは、曲者揃いの難アリ系。彼らの研究論文の成めざし、日々奔走。救いは、なぜか仕事のたびに出会える素敵な女性。そんなミクラに、しあわせは訪れるのか? 23歳男子、脳内失恋数えきれず[帯]
    収録内容
    • 第一話 超現実な彼女
    • 第二話 かけだしどうし
    • 第三話 裸の経済学者
    • 第四話 ぼくのおじさん
    • 第五話 さいごの課題

あるレベルの論文を出し続けられない研究者は退職せねばならない「出すか出されるか法」が施行されたこの世界では、研究者のかわりに論文を作成する代書屋の需要がある。北の街・蛸足大学卒、23歳独身、いささか夢見がちというか妄想の気のある見習い代書屋ミクラは、曲者の依頼者とのバトルとお決まりの失恋を繰り返す。それにしても、毎回出てくる研究ネタがおかしい。いわく
結婚と業績の相関 男性の研究者や芸術家は結婚後に生産性が落ちる[p.16]
はげ遺伝子は進化的に中立[p.84]
良心の研究 無人販売の経済学[p.129]
結婚における男の評価基準はなにか[p.204]
目標は紙に書くと実現する[p.273]
この世界は、悪法のもとでたぶんに抑圧的なのだけれど、研究者が研究(=論文作成ではないにしても)をできるのだからそれはユートピアだろうともいえるのでした。
|読む―SF|comments(0)|trackbacks(0)|2014/03/24 Mon.|
スポンサーサイト
|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://igarashi.jugem.cc/trackback/1162
トラックバック