CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Amazon Bargains
MOBILE
qrcode
<< ある愛の形 | main | 12球団ファンクラブ評論家の快挙 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
食べなければ元気もでない
柚木麻子ランチのアッコちゃん』(双葉社,2013/04)

「柚木麻子の作品は気持ちがいい。いま柚木作品を読んでおくと、近い将来、ドヤ顔ができます。あのドラマ化も映画化も良かったけど、やっぱ原作が最高だよって」朝井リョウ氏」[帯]
    収録作品
    • ランチのアッコちゃん
    • 夜食のアッコちゃん
    • 夜の大捜査先生
    • ゆとりのビアガーデン
表紙は卵焼きとウインナーといんげんのごま和えとプチトマトのお弁当。帯には「読むほどに不思議に元気が湧く、新感覚ビタミン小説誕生!!」とあり、食べ物がたくさん出てくる。「ランチのアッコちゃん」は、冴えない派遣の澤田三智子手取り14万3千円が、黒川敦子部長(45)に仕掛けられて月曜から金曜まで外食体験。一週間で巡るのは、デザイン事務所経営者が趣味で昼間だけやっているカレー、有楽町国際フォーラムの広場にでている屋台のスムージーとラップサンド、神保町「いもや」の天丼、屋上で社長が奢ってくれる特上寿司、そしてまたカレー。その続篇「夜食のアッコちゃん」では、敦子が転身してフランスで半年修行したポトフの移動販売。「夜の大捜査先生」の趣きは少々異なり、イケイケの90年代を経て30歳になった満島野百合の渋谷の一夜。「合コンの大皿料理にピンクペッパーと放射線状のソースがかけられている率は異様に高い[p.93]」という描写から始まり、朝マックで終わる。「ゆとりのビアガーデン」は3ヶ月で退職してしまったゆとり世代佐々木玲美が一人で始めたビアガーデンの成長物語。よだれだらだらの美食が描かれるではないけれど、日常の食事がもたらすささやかな幸福感にほっこりする。
2014年本屋大賞7位。
|読む―ミステリ|comments(0)|trackbacks(0)|2014/04/30 Wed.|
スポンサーサイト
|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://igarashi.jugem.cc/trackback/1168
トラックバック