CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Amazon Bargains
MOBILE
qrcode
<< 食べなければ元気もでない | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
12球団ファンクラブ評論家の快挙
長谷川晶一プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた!』(集英社,2014/05)

どのチームのファンが、いちばん幸せなのか?[帯] 子供のころはいつもまわりには野球があった。パパとキャッチボール、公園で三角ベース、夏休みはテレビで甲子園、ナイター中継はなんで巨人戦ばかりなのかといっぱしの口をきいてみたり。中日ドラゴンズが好きだったのだけれど、それは素直に巨人ファンを名乗るのがカッコワルイ気がして、かといって阪神という選択も安易な気がして、ひとひねりひねくれて中日ファンに至ったような気もする。男子たるものひいきのチームと好きな選手のひとりも語れねばいけない時代だったんだよ。そんなふうに野球があたりまえに偏在していたしあわせな日本がかつてあった。そして、日本のスポーツもエンタテインメントも質量ともに拡大していくなかで、野球の存在感は相対的に小さくなっていき、ふだんはほとんど気にとめることもなくなってしまったのであります。まあ、プロ野球だけでなく、甲子園もJリーグも大相撲もマラソン中継もウィンブルドンもたいていのスポーツをテレビで積極的に観戦することがなくなり、そのときにたまたまやっていれば視る程度のひとになって久しいのですが。 でも、いや、だからこそかもしれないが、この「12球団ファンクラブ評論家[特許庁出願中]」がプロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた(タイトルのままだ)「愛と笑いの球界興亡クロニクル[サブタイトル]」はとてもおもしろかった。12球団12色であり、10年の歳月が過ぎるなかで東日本大震災もあり、絶賛だったり憎めなかったり、ファンとともにあるプロスポーツのしあわせがここにあります。どこかのファンクラブに入って、もらったレプリカユニフォームをきて地元の球場に通いたくなりました。
|読む|comments(0)|trackbacks(0)|2014/07/25 Fri.|
スポンサーサイト
|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://igarashi.jugem.cc/trackback/1170
トラックバック