CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Amazon Bargains
MOBILE
qrcode
<< 白々しい世界 | main | 小樽で寿司屋でなくとも >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
白いモモイロペリカン、青いアブラガニ
おたる水族館(小樽市祝津3)

青いアブラガニモモイロペリカンと謳っておきながら繁殖期以外は白色だというし、コツメカワウソは旭山動物園あざらし館のような仕掛けを用意してはみたもののなかなかその気になってくれないし、そもそも北の魚はどれも色も動きも地味。でも、これまた旭山動物園の成功に刺激を受けたのだろうけれど、
激レア
青いアブラガニが小樽にやってきました!
すごく珍しい個体ですのでぜひ、写真に収めてください!
などの各所にある手作り解説ポップには釣りこまれるし、チビカブトガニとかチビウニとかチビホタテは妙にかわいく、パノラマ回遊水槽のエイとサメとサバの悠々たる競演もしみじみと飽きることがない。
ひととおり回ってたどり着いたイルカスタジアムで30分のショー。行動展示ももちろん良いのだけれどこの手の演芸展示もね。前半はオタリア3匹の授業風景。算数で答を間違える子や、体育でジャンプ台から飛ばずにスゴスゴ戻ってくる子がいるところがいとしい。後半のバンドウイルカ2匹によるショーは、あれ〜トミーくんはやる気がないみたいですね〜とゆるい言いわけがあって1匹は水面下に引きこもったまま。しかし、相方のカイ1匹だけでもなにせ3mを超す巨体でジャンプしまくりだから見応え十分、おおいに楽しみました。
|行く|comments(0)|trackbacks(0)|2007/05/20 Sun.|
スポンサーサイト
|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://igarashi.jugem.cc/trackback/422
トラックバック