CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Amazon Bargains
MOBILE
qrcode
<< いかにも市場の食堂 | main | おいしくももったいない >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
叉焼飯愛好家
(美)春鶴(札幌ら〜めん共和国,札幌市中央区北2西5)

(美)春鶴チャーシュー丼ラーメン屋で何を食べるか。もちろんラーメンを食べるのだけれど、餃子とか炒飯などのラーメンの友も外せない。これがいわゆるラーメンライスの幸福である。何がいわゆるかは知らないけれど。そんなラーメンの友で最近の注目株が、最近といっても21世紀に入ってくらいからかなよく見かけるようになった叉焼(チャーシュー)飯である。チャーシューの切れ端を使うのが一般的で、載せるタイプと炊き込むタイプの2種類がある。どちらかといえば炊き込むタイプの方が手が込んでいる感じもして好きなのだけれど、載せるタイプで甘辛いたれが白飯にしみているのもまた捨てがたい魅力がある。炒飯方面にシフトしていく輩もいれば、あれこれトッピングしてくる者もあり、かなりバラエティに富んでいて、メニューにあればついつい注文してしまう私です。
さて、春鶴のチャーシュー飯350円はトッピングタイプ、「ら〜めんにピッタリのハーフサイズ」の白飯に豚バラチャーシューをみっしり積載。重みのある幸福感を感じる美味しさでした。主役のラーメンは極細縮麺にあっさり精妙スープ。塩ラーメン650円ではスープの味が後退してしまい味がぼやけるが、醤油ラーメン650円は醤油の香りによってスープの風味が引き出されてよろしい。
|食う|comments(0)|trackbacks(1)|2007/06/02 Sat.|
スポンサーサイト
|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://igarashi.jugem.cc/trackback/434
トラックバック
狸小路の端まで歩く価値あり
赤星(札幌市中央区狸小路7) ひさしぶりの札幌遠征にあたり、昼飯はラーメンファンクラブ札幌を吟味してここだと決めていました。昼食時を過ぎていましたがカウンタ9席だけの店内はほぼ満員。当たりの予感。塩らーめん500円は余計な雑味がなく透明感があって期待通り
| 更・ぅれしぃがらし日記 | 2008/01/17 5:28 AM |