CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Amazon Bargains
MOBILE
qrcode
<< ここにSFあり | main | 落語者の群 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
渋く聞いている
長岡弘樹傍聞き』(双葉社,2008/10)

選考委員圧倒的支持!ミステリーグランプリ2008日本推理作家協会賞短編部門受賞作[帯]
    収録内容
  • 迷い箱
  • 899
  • 傍聞き
  • 迷走
じつに渋い、枯淡の味わいすらある小役人系ミステリ短篇集。施設入居者の社会復帰に頭を痛める更生保護施設長、火災現場で見つからない赤ん坊、仕事と家庭の両立で苦労するおばさん刑事、救急隊長の独断専行で迷走する救急車―そういった渋い設定のなかで出現する不可解な事態の裏側に潜むものを渋く描きだして渋く驚かしてくれる。傍聞きが二重に効いてくる表題作は第61回日本推理作家協会賞短編部門受賞も納得の巧妙でほろりとさせる渋い出来。選考委員のひとり、かの山田正紀も「警察小説としても家庭小説としても人情小説としても抜群の出来ばえを見せている。ここ何年間、私が読んだなかで、優にベストと呼んでもいい作品で、あらためて短編小説のすばらしさを教えられた気がした。作者には最大級の敬意を表したい」と絶賛。
渋く『このミステリーがすごい!2009年版』国内編12位。
|読む―ミステリ|comments(0)|trackbacks(1)|2009/01/21 Wed.|
スポンサーサイト
|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://igarashi.jugem.cc/trackback/624
トラックバック
教官おそるべし
長岡弘樹『教場』(小学館,2013/06) 収録作品 第一話 職質 第ニ話 牢問 第三話 蟻穴 第四話 調達 第五話 異物 第六話 背水 エピローグ 文庫化された『傍聞き』(2008)が売れてると知った時にもびっくりしたけれど、本書のCMを地上波でみたときにはそこ
| 更・ぅれしぃがらし日記 | 2013/11/08 4:32 AM |