CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Amazon Bargains
MOBILE
qrcode
<< 私的探偵行為が禁じられたこの国で | main | 小林桂樹逝去 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
アリスとは別々
山本弘アリスへの決別』(早川書房・文庫,2010/08)

ごめんよ、アリス。僕は君を守れない。[帯]
    収録作品
  • アリスへの決別
  • リトルガールふたたび
  • 七歩跳んだ男
  • 地獄はここに
  • 地球から来た男
  • オルダーセンの世界
  • 夢幻潜航艇
    あとがき
「SF的想像力で社会通念やカルト思想の妥当性を問い直す傑作中短篇7本[裏表紙]」なのだけれど、好きなのは実直なSFミステリ「七歩跳んだ男」や、たいへん表現に気をつかう日本ならではのSF「地球から来た男」です。現実と虚構のあわいを描く亜夢界シリーズ「オルダーセンの世界」「夢幻潜航艇」は、このアイデアをうまいこと物語に落とし込んだものだ。残りの3編が現代日本を憂える社会派SFとなる。表題作「アリスへの決別」のそこまで取り締まるかという大風呂敷展開に笑いながら背筋が凍る。全裸のアリスをさりげなく「倫」の柄で抑えた大石まさるのカバーイラストレーションのセンスにクスッ。
|読む―SF|comments(0)|trackbacks(0)|2010/09/17 Fri.|
スポンサーサイト
|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://igarashi.jugem.cc/trackback/819
トラックバック