CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Amazon Bargains
MOBILE
qrcode
<< 北杜夫逝去 | main | 世界を変えた8分間 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
午後の怪獣
特集 私が愛した怪獣 語ろう選ぼう 愛しさNo.1!怪獣"総選挙"』(NHKラジオ第1,1605〜1755)

小林晋一郎『バルタン星人はなぜ美しいか』何気なくスイッチをいれたラジオから流れてくるウルトラQのテーマ。何事かと思えば、怪獣総選挙だと。ルールはいまいち曖昧だが、『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』(1966〜1968)時代の怪獣の人気ネット投票を軸に据えた安易な企画にみえて、石坂浩二のナレーションを録りおろすじつは贅沢な作り。延々とマニアックな会話を続けるデーモン閣下とみうらじゅんの水準が高いのは期待どおりだが、それを余裕でいなしてついていく司会の山本志保アナウンサーが相当できる人物である。愛ある的確なツッコミは、幼少時(1968年生)にちゃんと刷り込まれてしかもオトナになってから見直している者でなければできないとみるが如何。
で、ちなみに事前投票でエントリーされた10怪獣の順位は次のとおり。
    1. 宇宙忍者バルタン星人(19%)
    2. 宇宙恐竜ゼットン(15.2%)
    3. 幻覚宇宙人メトロン星人(11%)
    4. 古代怪獣ゴモラ(10.1%)
    5. 友好珍獣ピグモン(8.8%)
    6. 快獣ブースカ(8.3%)
    7. 宇宙怪獣エレキング(7.4%)
    8. 亡霊怪獣シーボーズ(7.2%)
    9. 宇宙ロボットキングジョー(6.8%)
    10. コイン怪獣カネゴン(6.3%)
なるほど。造形が素晴らしいうえに出演回数最多のバルタン星人1位は納得。このなかから選ぶのであればやはりバルタン星人になるかな。もしくは美しい形と柄をもつエレキング。エレキングが女の子にいいように使われるおじさんの悲哀を感じるといったみうらじゅんの指摘がおかしい。さすがは子供時代、怪獣ごっこをやるときは円谷英二か本多猪四郎役をやったというだけのことはある。2位のゼットンもウルトラマンを倒す強さだから当然だな。動きが少ないのが惜しいのだけれど。ブースカはねえ、ゲストも違和感を呈していたけれど同じ円谷プロではあるけれど住む世界が違うでしょう。でも、この秋の旭日小綬章を受章した市川森一のデビュー作だったしリスペクト枠ということで。シーボーズの人気はちょっと不思議。同じ悲哀系であればジャミラが入りそうだが。キングジョーはロボットだから怪獣純血主義からすればちょっと微妙かも。
思いがけず、ラジオとともに楽しい時間を過ごした休日の午後でした。
|視る|comments(0)|trackbacks(0)|2011/11/03 Thu.|
スポンサーサイト
|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://igarashi.jugem.cc/trackback/985
トラックバック