CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
Amazon Bargains
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|-|-|2014/07/26 Sat.|
ニッチェもサッチも
平成23年度NHK新人演芸大賞演芸部門』(NHK,0015〜0114)

ルミネtheよしもと−業界イチの青田買い2008夏−/出演:囲碁将棋ほか東西計275組」が参戦したNHK新人演芸大賞園芸部門は、「結成10年以下の若手芸人の登竜門」「賞金50万円」だから、1/20規模ではあるけれど今は亡きM-1の代替とみてもいいのでは。あの煩い賑やかさはないけれど、ほとんど知らなかった若手8組をポンポンとみられてそれはそれで楽しい。以下、出演順でコメント
  • チキチキジョニー(松竹芸能)
    女性コンビ。清水ミチコの評「うますぎてベテランくさい」は褒めていないだろ。
  • さらば青春の光(松竹芸能)
    取調べに対してアリバイを説明しようとすると怪談になってしまう展開がバカバカしく楽しい○。
  • ソーセージ(吉本)
    3人組。離婚を話しあう夫婦とませた5歳の息子のコント。最後いい話になって終わるところがかえって弱い感じ。大林素子が推す藤本聖の女装がなかなか。
  • 囲碁将棋(吉本)
    理想の結婚相手の条件がなぜか野球選手になってしまい、それなら広末涼子との結婚のほうがまだ可能性があるというロジックがいい○。
  • やさしい雨(太田プロダクション)
    オフィスの余り物で作る云々という設定はゲスいが上手い。ラストのメタな展開でかえってボケてしまい残念。
  • スーパーマラドーナ(吉本)
    マンション玄関先の井戸端会議。細かく詰め込んできて笑わせてくれるわ◎。
  • 2700(吉本)
    唯一顔を知っていた「キングオブコント2011」準優勝者。女の子のテンションメーターというまたリズムネタだが、今回はわかりやすかった。
  • ニッチェ(マセキ芸能社)
    女性コンビ。宮本亜門のこども芝居のオーディションに来た小学生女子の会話。勝新にあこがれているという設定がツボ◎。
7人の審査員による投票によりニッチェが優勝。投票内訳は、ニッチェ(きたろう、清水ミチコ、内藤剛志)、ソーセージ(大林素子、大池晶)、2700(横山アキラ)、スーパーマラドーナ(里見まさと)。出演順の運不運もあるのでしょうが納得の結果です。
|視る|comments(0)|trackbacks(0)|2011/10/21 Fri.|
失礼ですが、お嬢様は徒歩でいらっしゃいますか?
謎解きはディナーのあとで』第1話,原作:東川篤哉,脚本:黒岩勉,演出:土方政人(CX/共同テレビ,2100〜2209)

原作:東川篤哉 警視庁国立署の中堅自動車会社御曹司ハデハデ刑事(椎名桔平)と巨大グローバル企業グループ御嬢様であることは秘密にしている刑事(北川景子)のしようもない推理では解決しない事件を、御嬢様刑事付執事(櫻井翔)が解いてみせる安楽椅子探偵ドラマ。富豪であることのメリットは櫻井翔のストーカー(としか思えないし笑いにくい)行動にしか使われずミステリ設定とリンクしないのは残念だが、後半の謎解きシーンはわかりやすくてよろしい。後半だけ30分ミニドラマのシリーズでもいいかも。
|視る|comments(0)|trackbacks(0)|2011/10/18 Tue.|
火星風のミタ
家政婦のミタ』第1話,演出:猪股隆一,脚本:遊川和彦(NTV,2200-2309)

忽那汐里2010カレンダー無表情なスーパー家政婦ミタの役が今の松嶋菜々子によく似合う。それはもうあなたにしかできません。前田敦子のロボットや、鷲尾いさ子のインド人のように。
川での事故で妻を亡くした長谷川博己の家では、長女の忽那汐里(17)が母代りでがんばってはいるもののホコリは積もる植物は枯れるトイレットペーパーはない弟妹(14♂、12♂、5♀)は言うこときかないともうボロボロ。そこに家政婦のミタが派遣されてきた。その精確無比な仕事ぶりに家はみるみるきれいになるが、なんだか思いがけない副作用も出てきそうな予感。「猿の手」展開なのか。ミタが市原悦子になるセンはなさそうだが、火田七瀬やメアリー・ポピンズになるということもなさそうだ。この先の展開が気になる。
|視る|comments(0)|trackbacks(1)|2011/10/12 Wed.|
羽幌なる山の呼び声
幸福の黄色いハンカチ』脚本/監修:山田洋次,脚本:尾崎将也,演出:岩本仁志(NTV/松竹,2100〜2318)

DVD & Blu-ray2012年1月25日発売 あの1977年に公開され、第1回日本アカデミー賞を総なめにした日本を代表するロードムービー『幸福の黄色いハンカチ』のリメークである。テレビ製作であることの制約からか肝のロード部分を外して、北海道西海岸の羽幌・焼尻に限定してきたのにも関わらず、原典の味を見事に移しているのには吃驚。モノマネではなく、阿部寛は高倉健を、堀北真希は桃井かおりを、濱田岳は武田鉄矢を、夏川結衣は倍賞千恵子をそれぞれリスペクトしながら、しかし、自身の持ち味を殺すことなく演じてみせる。なかでも堀北真希がすばらしい。これは演出がうまいのはもちろん、先日の『ディープピープル/連続ドラマ脚本家』(NHK,2011/09/26)でその職人ぶりを知らしめた尾崎将也の巧妙な脚本力によるところ大とみる。堀北真希と組む来春の朝ドラが一段と楽しみになりました。キャストもさりげなく豪華で、倍賞千恵子、武田鉄矢から中村玉緒、草笛光子、荻野目慶子まで脇に配した布陣は厚く安心してみられる。あのワンシーンのために中村玉緒が羽幌まで来て沿岸バスに乗ったのかと思うとそれだけで嬉しくなってしまうよ。舞台となった北海道の田舎町のなんでもないけれどこれが北海道の夏なんだよといった風景は、この9月公開の映画『探偵はBARにいる』の冬の札幌と好一対を成し、それもまた一興。
|視る|comments(0)|trackbacks(0)|2011/10/10 Mon.|
たけしの一人笑わず嫌い王決定戦
『北野演芸館』(2100〜2248,MBS/イースト・エンタテインメント)

DVD『マキタスポーツの上京物語』
年齢、東西、ジャンル、所属事務所など一切関係なし!垣根を越えて「本当に面白い!」「今観てみたい!」とビートたけしが思う実力派芸人たちが夢の大集結[TBS公式サイト]
言うなれば、たけしの一人笑わず嫌い王決定戦。ビートたけし責任編集という言い方もできます。楽屋セットでのトークで、『あらびき団』もチェックしているというたけしが指摘する笑いのツボも納得できるし、これは気持ちのいい演芸番組。出演者は以下のとおり。
    • ナイツ○
      冒頭「ナツ次郎のキク」で掴んで調べてきたスピルバーグへの流れ。安心してみられます。
    • TKO
    • サンドウィッチマン○
      ファミレスの外国人アルバイト。これも安心してみられます。
    • 笑い飯○
      刺青ネタ。Wボケを封じてきましたが、それもまたよし。
    • 東京03○
      シングルマザーとしてキャバクラ勤めをしてでも子供を育てるわという発端からのエスカレートぶりがステキ。
    • ダイノジ◎
      米国通販番組ネタなど非常にキレよし。
    • インパルス○
      キングオブコント2011』でも披露した町工場面接ネタ。やはりうまいよ。
    • 中川家◎
      通販ネタでダイノジと被りながら、そのあとのノンフィクションな展開がしみじみよい。当然のことであるが、剛と礼二だからこその中川家なんだなあ。
    • 友近
    • オードリー△
      今年の正月以来の漫才とか。
    • 矢野・兵動
      裏ネタのやすきよコピーはなかなか。
    • からくりどーる
    • 風船太郎
    • トリオロスアキオ
    • マキタスポーツ◎
      Mr.Childrenの作詞作曲モノマネが素晴らしい。
    • ダチョウ倶楽部△
      ついに、上島竜平のドジョウ首相が来ました。それがみられただけでニコニコ。
    • ケーシー高峰
      ケーシー高峰がトリというところがいかにもビートたけしセレクション。エロ漫談がかなりカットされていたのは、規制なのか面白くなかったからか。
|視る|comments(0)|trackbacks(1)|2011/09/28 Wed.|
コントにあった怖い話
キングオブコント2011』(TBS,1900〜2148)

トップリードのコント集
「キングオブコント2011」はプロ・アマ問わず全国の挑戦者達が、”コント”で、熱いガチンコバトルを繰り広げ、”真のコント日本一”を決める夢のお笑いイベントです。
優勝賞金は1000万!! 優勝者には一夜にして人生が変わる、”お笑いドリーム”が待っています。次なるお笑いスターはこの「キングオブコント2011」から誕生します。[キングオブコント2011とは?]
という意気はもちろん歓迎するのですが、これまた審査方法が残念。ファイナリスト8組がそれぞれ2回披露するネタをセミファイナリスト100名が無記名で10点/計1000点満点で採点というのは一見プロの評価だからよさげにみえて、評価のプロというわけではないし、無記名だから評価する責任も問われないし、ダメでした。会場にいるセミファイナリスト100名とも採点よりMCのダウンタウンに弄ってもらう方に気持ちが行っちゃっているし。その結果はロバートが優勝、以下4位まで吉本芸人がずらりと並ぶ結果。さんざん人力舎3連覇(東京03(2009)、キングオブコメディ(2010))かと煽って、この事務所の力関係が反映したようにみえる順位はなにこれ。
総得点順でコメントします。ちなみに[ ]内は1本目2本目それぞれの点数。
    1. ロバート(吉本)[942|934]
      ロバートには好感をもっているのだけれど、このネタで優勝でいいのか。壊れたキャラクターに持っていくのはいいよ。でも、その方向のずれている感じがつらい。
    2. 2700(吉本)[884|925]
      リズムネタを否定するつもりはない。しかし、あれが若者向けというなら、私は若者でなくていいよ。というか若者ではないけどさ。
    3. モンスターエンジン(吉本)[843|919]
      好き勝手に我が道を行っていい目がでているのでは。1本目、かぶりもので顔を見せない特撮ネタ「ミスターメタリック」のリピートネタが好き。2本目「ジャングルクルーズ」は好きにやりすぎて自滅したようにみえたが、この審査員の評価は高いんだ。ふうん。
    4. インパルス(吉本)[815|881]
      安定感がある。ありすぎてもう賞とか取らなくていいよねという気分になってしまう。
    5. 鬼ヶ島(人力舎)[874|805]
      ノーマークでしたが、1本目「転校生は人形」の展開に吃驚、衝撃、爆笑。しかも2本目も転校生ネタ。ううむと思ったら見事に広げてくる。私のなかではダントツの優勝です。
    6. TKO(松竹芸能)[757|877]
      微妙に古く感じるのはこちらの先入観か。しかし、2本目「裏口入学」のポーランドにはやられました。ちょっと木下を見直してしまった。ちょっとだけだけど。
    7. ラブレターズ(ASH&D)[790|798]
      これまたノーノーノーマークのほぼ無名コンビ。1本目「卒業式」、目の付けどころはいいんだけど校歌だけでもたせるのはちとつらい。と思っていたら2本目「テスト」がなんとも微妙な雰囲気でいいのだ。ひらた〜。私の新人賞をあげます。
    8. トップリード(太田プロ)[750|765]
      1本目「タクシー」は、『オンバト+』でみたことがあるネタ。しかしインパクトは衰えず。ネタ披露順位トップだったのがかなり不利に働いた点数だろう。その点数が今度は2本目の点数も縛ってしまったか。2本目の新妻悠太がどんどんエスカレートしていく展開は勢いがあって、しかもSFで、さらによかったのに。私の敢闘賞を贈呈。
|視る|comments(0)|trackbacks(2)|2011/09/23 Fri.|
暴れん坊将軍vsすい星
『暴れん坊将軍9』第19話「江戸壊滅の危機! すい星激突の恐怖」監督:原田雄一,脚本:井川公彦(EX,1999/04/29,2011/09/15再放送)

DVD『吉宗評判記暴れん坊将軍第一部傑作選VOL.1』
「江戸壊滅の危機! すい星激突の恐怖」――「伝説の回」「神回」と呼ばれる「暴れん坊将軍」のエピソードが9月15日に再放送される。[ねとらぼ,2011/09/13/1031]
録画しました。視ました。吉宗(松平健)が地球に向かってくるすい星を観測。江戸に落ちたら大惨事とかわけわからんことをいう吉宗が、じいの名古屋章は心配。すい星騒ぎに乗じて悪だくみをする悪党集団も出てくる。徳田新之助の姿となった吉宗は、在野の天文学者・西川如見(笹野高史)とともにすい星のコースを計算。まあ、いろいろあって、江戸市中は助かるようだし日野に落ちるならいいやみたいな。それでいいのか。いいんだよ。いわゆる時代劇は型がしっかりしているから、こんなエピソードもしっかり受け止められるんだ。感心しました。
|視る|comments(0)|trackbacks(0)|2011/09/15 Thu.|
だから高校生レストラン
高校生レストラン』第1回,脚本:吉本昌弘,演出:吉井洋(NTV,2100〜2009)

原案:村林新吾『高校生レストラン本日も満席』地域おこしで高校生レストランを始めることになり、銀座の一流料亭に勤めていた松岡昌宏が臨時教諭として赴任。クラブ活動の延長みたいな気分でいた高校生と大人にカツをいれて、調理部員たちがヤル気を出すまでの導入篇。優等生の神木隆之介をはじめ地方の高校生はみんな素直です。大学時代に抑えで教員免許を取得していたとか、料亭ではまだ一人前として扱われていなかったらしいとかいろいろワケありそうな松岡。本気になるのは高校生だけでなく、ハンパだった松岡自身も「教える」ということを通じて変わっていく物語になるのではないか。ちょっと違うのだけれど、ニセモノが本物になる『デーヴ』や『合い言葉は勇気』のような味を期待。
|視る|comments(0)|trackbacks(1)|2011/05/07 Sat.|
片隅の演芸遺産
三遊亭圓歌の演芸図鑑』(NHK,0515〜0545)

三遊亭圓歌独演会壱「演芸界のカリスマが、芸のツボを知りつくした目で登場する芸、そして芸人自身の魅力を存分に語る」「総合波での本格的演芸番組」の第1回。前半が立川志らく、パックン・マックンの演芸。後半の三遊亭圓歌・桂歌丸の対談は、ベテランふたりの貴重な芸談。このような記録を残すための番組として片隅でいいから続いてほしい。
|視る|comments(0)|trackbacks(0)|2011/04/10 Sun.|
牛乳噴くほどのおもしろさ
オモバカ8第三回オモバカ王者決定トーナメント」(CX,0105〜0300)

DVD「オモバカ8第一回オモバカ王者決定トーナメント」 リングの上で対峙した芸人2人が交互に相手に笑いをしかけ、笑ってしまった方が負けという、格闘技の型をかりたお笑いイベント。8人がトーナメント形式で戦う。使える小道具は限定、相手へのくすぐりとパンツ脱ぎは禁止、あとはなんでもありというルールはちょっと「ザ・イロモネア」を思わせるものがあり、芸人が芸人を評価するという点では「人志松本のすべらない話」風であり、そんなにおもしろくなるのか。ところが実際に観てみたらこれがハマると爆笑の嵐。要は、小学生が給食の牛乳を口にふくんでお互いに笑かそうとするノリの、アレですよ。
  • 第1試合「大阪お笑い50年戦争」
    • "1兆個のギャグを持つ男"FUJIWARA・原西(セコンド:FUJIWARA藤本)
    • "飛ばないギャグ不死鳥"ますだおかだ・岡田(セコンド:安田大サーカス)
  • 第2試合「因縁のM-1決着」
    • "ハスキー笑人"スリムクラブ・真栄田(セコンド:スリムクラブ・内間)
    • "屈辱のM-1王者"笑い飯・西田(セコンド:笑い飯・哲夫)
  • 第3試合「夢のガリガリ対決」
    • "秒殺の刺客"COWCOW・多田(セコンド:COWCOW・山田與志)
    • "東洋のキモカワ巨人"アンガールズ・田中(セコンド:アンガールズ・山根)
  • 第4試合「絶対王者暗殺計画」
    • "狂気のキャラ職人"劇団ひとり(セコンド:デンジャラス、松村邦洋、彦摩呂、具志堅用高)
    • "泥沼のギャグスネーク"Bコース・ハブ(セコンド:Bコース・ナベ、タケト)
吉本vs松竹の第1試合。岡田が着実にすべるのは想定内だったが、いままでおもしろいと感じることがなかった原西の小ネタに不覚にも笑わされてしまう。そしていきなり事実上の決勝戦となったのが第2試合。お互いのネタがそれぞれツボに入り耐えながらくりだすハイレベルなネタの数々。ラウンドの合間にはセコンドも技を披露。内間おそるべし。期待していなかった第3試合だが、正面から連発してくる多田に対し、リングを縦横無尽に使いこなした田中の戦い方が見事。第4試合は劇団ひとりが貫録で勝つのだが、基本的な戦略を笑わないこと=防御に置いているのに違和感。耐えて笑かす姿がすばらしいんじゃないか。とはいえ、劇団ひとりの必殺技「大事な話」の破壊力はでかい。このあと準決勝、原西vs西田でまた奇跡の金網展開があるなど存分に笑いました。あ、優勝は笑わない男・劇団ひとりでした。
|視る|comments(0)|trackbacks(0)|2011/04/09 Sat.|
<< | 2/19PAGES | >>